医療事務試験予想問題!【学科試験問題編④】

~医療事務試験~予想・過去問編~

医療事務試験合格に向けてのパワーアップ実践予想問題、【学科試験問題集④】をまとめています。

~【問16】次の文章のうち、正しいものはどれですか。~

①疾患別リハビリテーションは、患者1人につき1日合計4単位に限り算定できる。
②高次機能障害の患者は、状態の改善が期待できる場合は180日を超えて疾患別リハビリテーション料を算定することができる。
③運動器リハビリテーション(Ⅰ)に配置された理学療法士は回復期リハビリテーション病棟の常勤理学療法士との兼任はできない。
④難病患者リハビリテーションを行った場合に食事を提供しても給付の対象とならない。
a ①・② 、 b ②・③ 、 c ①・②・④ 、 d ①②③④ 、 e ④
【答え】b

~【問17】次の文章のうち、正しいものはどれですか。~

①同一の保険医療機関で精神科ショートケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又はデイ・ナイト・ケアを開始した日から起算して3年を超える場合には精神科デイ・ケア等の実施回数に係わらず算定は1週間に5日を限度とする。
②老人保健においても精神科退院前訪問指導料は算定できる。
③医療保護入院等診療料を算定する病院は隔離等の行動制限を最小化するための委員会において入院医療について少なくとも月2回の定期的な評価を行わなければならない。
④標準型精神分析療法は診療に要した時間が30分を超えたときに限り算定する。
a ①・② 、 b ②・③ 、 c ①・②・④ 、 d ①②③④ 、 e ④
【答え】a

~【問18】次の文章のうち、正しいものはどれですか。~

①1月に15回以上人工腎臓を実施した場合は16回目以降の人工腎臓は算定できない。
②血球成分除去療法の対象疾患は、潰瘍性大腸炎のみである。
③既装着のギプスを他の医療機関において除去した場合はギプス所定点数の2割が算定できる。
④人工腎臓の休日加算を算定した場合、再診料の休日加算は算定できない。
a ①・② 、 b ②・③ 、 c ①・②・④ 、 d ①②③④ 、 e ④
【答え】e

~【問19】次の文章のうち、正しいものはどれですか。~

①乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術において、組織の採取に用いる医療材料の費用は別に算定できる。
②肺気腫に対する正中切開による肺縫縮術に当たって自動縫合器を使用した場合は、白動縫合器加算の加算点数に10個を限度として使用個数を乗じて得た点数を加算する。
③黄斑下手術の所定点数に水晶体再建術の所定点数の100分の50に相当する点数を加えて算定することはできない。
④「赤血球MAP」の最終容量は200ml由来は約140ml、400ml由来は約280mlである。
a ①・② 、 b ②・③ 、 c ①・②・④ 、 d ①②③④ 、 e ④
【答え】e

~【問20】次の組み合わせのうち、正しいものはどれですか。~

①IUGR → 子宮内胎児発育遅延
②D.O.A → 来院時死亡
③APTT → 部分トロンボプラスチン時間
④ARDS → 成人呼吸窮迫症候群
a ①・② 、 b ②・③ 、 c ①・②・④ 、 d ①②③④ 、 e ④
【答え】c


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~医療事務合格への道~

↑ PAGE TOP